業務効率に革新を。

MMeyeは、AIを活用し、食品検査を効率的かつ精密に実施する画像判定サービスです。

完全自動化

検査工程をほぼすべてシステム化します。

大幅コストカット

AIによる自動化で、人員費の大幅削減が可能に。
ヒューマンエラーをゼロに
目視による見落としなどの人的ミスがなくなります。

こんな悩みありませんか?

点検要員の確保

作業員の集中力維持のためには複数人体制が必須となるため、人件費が高騰。

MMEyeなら、

AI(ディープラーニング)を用いた高精度の検査で、金属探知機では見つけられないような異物も検知します。
食品系の特定が難しい商品も超スピード判定が可能になり、人間の目視によりチェックが不要になります。 人件費を抑えるだけでなく、人の目による不安定さや見落としなどのミスがなくなり、1日の生産量で大きく差をつけることができます。

判定のばらつき

検査の際に人が判断するため、グレーゾーンだった場合の良品・不良品の判定が一定ではない。

MMEyeなら、

大量のデータをもとに、曖昧なものを正確に判別することが可能です。食品のような形状や大きさがバラバラなものでも、高精度の判別を行います。
さらに、MMEyeは人の知見の追加学習機能を搭載。学習を繰り返すことで、検知精度が格段に向上していき、求める精度の検査に近づけていくことが可能です。

不必要な製造ロス

良品として扱える製品を不良品として判定してしまい、無駄なロスが増えてしまう。

MMEyeなら、

不良品原因のデータ蓄積からロスを大幅削減。ただ不良品を検知するだけではなく、どんな理由で不良品判定されたのか、その不良品は、どの時間にどの場所で出たのかなどのデータが蓄積されていきます。
それにより、不良品を発生させる原因の追求が可能になり、不良品を作らない為の調整などにより製造ロスを防ぐことが可能になります。

品質状況の統計と見える化ができていない

目視検査の結果が正確に記録されず、不良要因の解析、品質改善につながっていない。

MMEyeなら、

エッジ端末があり、ノンプログラムで現場環境構築ができるため、品質状況や統計結果を可視化して、現場へ即座に共有することが可能です。
AIや画像認識に対する専門知識なしで導入ができるので、 導入障壁がかなり低減されました。

YE DIGITALだからできる全自動構築

YE DIGITALは産業用ロボットの安川電機グループです。 生産設備のご提案~排出ピッキング機構の連動のご提案も可能です。

導入企業様

株式会社ロッテ様 狭山工場のお菓子外観検査工程に導入

工場のお菓子生産ラインにおける、半製品段階の外観検査に2019年12月に導入されました。
導入から4ケ月、従来のシステムでは分類が難しい不良品の判別で効果をあげており、今後に向けた不良原因の特定・改善の取り組みが進められています。

AI画像判定と食品工場検査について

AI技術を使って安全な食品を届ける異物混入対策と検査

安全な食品を提供している大手食品会社でも、遺物混入が問題となり新聞やニュースなどで取り上げられることがあります。そのため、食品を購入する消費者はもちろんですが、企業側はトラブルの拡大と会社のイメージダウンを恐れ、消費者よりもさらに…

不良品ゼロへ!高精度な食品検査を実現する「MMEye」

安全で高品質な食品を製造するために行われる「食品検査」。今や必須の検査工程です。そんな食品検査ですが、多くの食品工場では現場スタッフによる目視検査によって行われています。しかし、きちんと判別しているつもりでも不良品を出荷してしま…

食品製造業における目視検査を自動化できる「MMEye」

AIによる画像判定技術を使った「MMEye」は、食品製造業の課題となっている人手による食品検査や異物混入検査に効果的な解決策です。AIが画像を学習・分析を行うため、作業効率や生産性の向上に役立つとして注目を集めています。…

ご検討~ご契約までの流れ

※Pocとは「Proof of Concept(プルーフ オブ コンセプト)」の略で、和訳すると「概念実証」となります。Pocにより、開発前に仕様や検討課題を探り、必要なコストの検証をし、実用化に向けて適切な判断を行うことができるようになります。実用までのスピードを速めトラブルにも的確に対処することができます。

YE DIGITALだから出来る信頼と実績

各種工場へのAI導入の実績多数

MMEyeは、一部上場の製菓企業様の生産ラインや、 国内最大級の食品関連組合様など多くの企業ですでに採用されている実績があります。またIoTも含め多くの効率化のソリューションが得意分野です。 様々な効率化ノウハウのご提供をいたします。

創業1978年から様々な製造業のお客様をサポート

YE DIGITALは、YASKAWAのIT会社「安川情報システム」として1978年に創業し、さまざまな製造業のお客様をサポート。IoT、ビッグデータ、AI、セキュリティといった新しい技術を積極的に取り込み、 お客様と共に歩んできました。

グループとしてのトータルサポート

当社の有するパートナーネットワークで、AI画像判定サービスのみにとどまらず、生産設備やピッキング機構に至るまでサポートが可能。 トータルでサポート出来ることがYE DIGITALの他社には真似できない大きな強みです。

YE DIGITALのその他のサービス紹介

故障予知サービス
MMPredict

AIを用いた故障予知サービス、蓄積した機器稼働データを機械学習し、故障を予知します。

工場向けスマートファクトリー
・ソリューション
MMsmartFactory

工場設備のIoT化とAI分析を活用し、スマートファクトリーを実現する製品群です。

工場向けセキュリティソリューション
MMsmartSecurity

製造現場に迫る驚異を「監視」するセキュリティソリューション。

Before/After コンサル
ITカスタマーサービスセンター
SmartServiceAQUA

導入効果を引き出す運用サポート・SAPプロフェッショナルサービス。

© 2020 YE DIGITAL CORPORATION